FC2ブログ
冥府の映画的・絵画的・音楽的
TB用
火花
s-640 (3)
 本作は、お笑タレントの又吉直樹氏の芥川受賞作を、これまたお笑いタレントの板尾創路監督のもとで映画化したもの。コンビを組んでデビューしたもののさっぱり売れないお笑い芸人が、先輩芸人の漫才を見て弟子入りして後を付いていくというお話。お笑いを題材にしているからといってコメディ作品ではなく、お笑いとは何かを巡るむしろ観念的な映画というべきでしょうか。原作に書き込まれている頭でっかちな部分をもっと削っても良かったのではとも思いました。

 本作についてのレビュー記事は、下記URLのエントリをご覧ください。
 http://blog.goo.ne.jp/barriosmangre/e/90579e2bd6c6969a2d62efe970ba7b58

 なお、トラックバックにつきましては、本記事下段に掲載されているURLをご使用ください。
 また、コメントにつきましては、お手数ですが、上記別ブログのコメント欄にお願いいたします。 
関連記事


トラックバック
トラックバック URL
http://mpm0531.blog.fc2.com/tb.php/5-eb89ecfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ショートレビュー「火花・・・・・評価額1600円」

“火花”は”花火”に成れるのか。 純文学作家・又吉直樹を誕生させた、同名芥川賞小説の映画化。 菅田将暉演じる、お笑いコンビ”スパークス”の徳永が、大阪から来たお笑いコンビ”あほんだら”の神谷と衝撃的出会いをする。 徳永は弟子入りを志願し、神谷は「自分の伝記を書くこと」を条件に受け入れる。 人当たりの良い神谷に徳永は心酔してゆき、神谷もまた徳永を可愛がり、彼の考える笑いの真髄を伝授...
[2018/01/18 21:05] ノラネコの呑んで観るシネマ
最新トラックバック