冥府の映画的・絵画的・音楽的
TB用
人生はシネマティック!
 s-640 (4)


 本作は、第2次大戦下のロンドンが舞台。「ダンケルクの戦い」で活躍した姉妹を描く戦意高揚映画の制作を巡るお話で、主人公の女は、初仕事ながら他の二人の男と脚本作りに邁進します。主人公は、愛する夫がありながらも、次第に脚本家の一人に惹かれていって、云々という次第。戦時下のお話ですから、様々な事件が起き、また女性の社会進出にも焦点が当てられていて、なかなか面白く見ることができました。

 本作についてのレビュー記事は、下記URLのエントリをご覧ください。
 http://blog.goo.ne.jp/barriosmangre/e/cae306eed1d7400a17ab27dd80e51511

 なお、トラックバックにつきましては、本記事下段に掲載されているURLをご使用ください。
 また、コメントにつきましては、お手数ですが、上記別ブログのコメント欄にお願いいたします。
関連記事


トラックバック
トラックバック URL
http://mpm0531.blog.fc2.com/tb.php/2-77e10e04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

人生はシネマティック!

「17歳の肖像」「ワン・デイ 23年のラブストーリー」のロネ・シェルフィグ監督が、第二次世界大戦下のロンドンを舞台に、幾多の困難を乗り越え、国民に勇気を与える映画の完成に執念を燃やす一人の素人女性脚本家と個性豊かな映画人が織りなす愛と情熱の物語を描いた戦時ラブ・コメディ。主演は「ボヴァリー夫人とパン屋」のジェマ・アータートンと「世界一キライなあなたに」のサム・クラフリン。共演にビル・ナイ。あ...
[2018/01/10 17:37] 映画に夢中
最新トラックバック